このサイト『グルメカタログギフトの人気お勧めランキング』を作成した理由


      

贈り物を選択する場合、贈り側は相手の気持ちになって何が良いかを真剣に考えると思います。

しかし、それが食べ物の場合、好き嫌いがある場合もあれば、アレルギーなどカラダの問題で食べることのできないものが存在するということもあります。

そのため、グルメ関連の贈り物というのは、かなり神経を使ってしまいますね。

相手に確認が取れればよいのですが、贈りものですので出来れば驚かせたいという気持ちもあります。

そのため、どんな人が貰ったとしても困ることのない魅力あふれるグルメギフトとして、カタログギフトにしてしまうということが増えてきました。

カタログギフトというのはその名前の示す通り、指定のカタログの中から好きなものを選択してもらうことができるという仕組みで成り立っています。

又、カタログギフトの場合は注文可能な期間の間であればいつでも注文できるという特徴があるので、今すぐでなくても欲しい時に依頼をかけることができると言う特徴があります。

勿論季節に限定されるものの中には無理なものもありますが、一方的に贈られてきてすぐに消費しなければ傷んでしまうという状況を避けることはできるのです。

グルメギフトには、この様に見えにくい様々な問題がありますので、自分でモノと時期を選択することのできるカタログギフトが魅力的なサービスとして流行っているのでしょう。

最近の利用される場としては、結婚式の引き出物の一部にこの様なグルメも選べるカタログギフトが付けられることがあります。

全員に喜んでもらうものを1種類選ぶことが出来ないので、それぞれの参加者本人に自分の好きなものを選んでもらうという仕組みにするのです。

引き出物の場合はカタログギフトだけでは寂しいですが、いくつかある贈り物の中にその様なカタログを忍ばせると言うのは、喜ばれる心づかいであると言えますね。

以上の様にカタログという形で贈り物をするメリットには、受け取り手にとって良いと思えるものを自分で選ぶことができると言う点と、その時期を自分で調節できるという点の二つが考えられます。

複数の贈り物を受け取る様な立場の人の場合には、同時に大量の物が贈られてくる可能性があり対応に苦慮することもあるのです。

その様な時に贈り物をもらってから数ヵ月後に注文するという選択肢も存在しているカタログという存在は、非常に助かるものであると言えるでしょう。

この様に便利な仕組みが揃っていますので、今後カタログギフトのような形での贈り物も増えていくことでしょう。

私の場合も最近の贈り物は、「グルメカタログギフト」にハマっているといった状況です。

そのワケは、父の日、母の日のプレゼント、敬老の日の贈り物、叔母さんの還暦のお祝い、最近結婚を決めた姪の引き出物の相談……

もう今年は、ずーっと数あるカタログギフトの中から “ベストセレクト・グルメ” を選んできましたよ!

そこで皆さんにも、私のとっておきの情報をシェアーしてほしいと思います。

それでこのサイトを作成してみました。

『グルメ・カタログギフト…サ・ベスト5!』

どうぞ、参考にしてみて下さい!!

第1位〜充実度満点のグルメカタログギフト『Gourmet』


おすすめ第1位は、充実度満点のグルメカタログギフト『Gourmet』になります。

一流の味をいろんなジャンルから選ぶことができるので、贈る相手についての情報があまりなくても必ず喜ばれるカタログギフトになっていますよ。

老若男女……若い人たちからご年配の方まで、また、誰もが知ってるあの老舗の名店から、最近話題のあのスイーツまで、世代を超えて楽しんでいただける充実度満点のグルメが揃っています。

お値段は4,104円(税込)〜54,864円(税込)までの価格帯の中に11のコースが用意されています。

さて、どんな “一流の味” が揃っているのかというと……

その一部をご紹介しますね。


★★★なだ万

超一流の和食の老舗といえば「なだ万」……1830年(天保元年)、初代・灘屋萬助が料亭「灘萬」を創業しました。

私の中では、「なだ万」=「中村孝明」さんです。

中村孝明さんは、平成7年に調理本部部長・理事就任し、なだ万国内20店舗の内 ホテルニューオータニ店含め9店舗の統括調理長に就任しました。

そして、平成8年にフジテレビで放映された『料理の鉄人』における活躍は “素晴らしい” の一言でしたね。

和食界の巨人、道場六三郎さんの後を任されたプレッシャーは相当だったと思います。

そんな中村孝明さんは、老舗中の老舗「なだ万」に革命をもたらしました。

和の中に洋の世界観を持ち込んだのです。

とにかく、素晴らしく垢抜けたセンスの持ち主だったんですよ!!

ちなみに現在の中村孝明さんは、敷居が高いと思われがちな日本料理店を気軽に楽しんで頂きたいという思いから、ご自身の名前を冠した日本料理店をやっていらっしゃいます。


★★★ピエール・エルメ・パリ

女のコだったら誰も大好きなマカロン。

そして、マカロンといえばピエール・エルメですよね。

ピエール・エルメは「パティスリー界のピカソ」といわれていて、美味しさに加え、芸術的でとってもお洒落な感性が大好きです!!

実は昨年、念願のパリ旅行に出かけたんですね。

シャルル・ドゴール空港に降り立ったら、もう気分はワクワク。

古い空港らしいんですが、なんだか近未来的な感じで……

そしてパリの街の探索。

もちろん、ピエールエルメのお店にも行ってきましたよ。

……やっぱり素敵なお店。

働いてる人がフランス人なので、よけいにお洒落に感じました。

チョッとびっくりしたのが値段なんです。

もしかして日本より高い?……かも!

そんなことを思ってしまいました。

やっぱり日本ってすごいですね。

こんな名店のスイーツがグルメカタログギフトでチョイスできるんですもん。

チョッと話がそれちゃいましたが、『Gourmet』だったら、他にもまだまだたくさんの名店からチョイスすることができますよ。

『Gourmet』の電子カタログの閲覧・ご購入の詳細はコチラへどうぞ

第2位〜グルメ雑誌とコラボしたグルメカタログギフト『ダンチュウ・dancyu』


年配の方に贈るギフトカタログとして是非お勧めしたいのが、グルメ雑誌とコラボしたグルメカタログギフト『ダンチュウ・dancyu』です。

『ダンチュウ』は、「食こそエンターテインメント!」をテーマにした食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しむ人のための月刊誌です。

そんなダンチュウ編集部が直接取材を行い、そのダンチュウ編集部の厳しい目で集められたのがこのグルメカタログギフトなんです。

そしてもう一つのこだわりが誌面の作り方。

まるで雑誌のようなつくりになっていて、読み応えのある内容も魅力だと思いますよ。

お値段は6,156円(税込)〜22,896円(税込)までの価格帯の中に3つのコースが用意されています。

さて、どんな “こだわりの味” が揃っているのかというと・・・・・・

その一部をご紹介しますね。


★★★やつしろ塩トマト 太陽の子ロイヤルセレブ

トマトの中でも特別な存在が、熊本県八代市で栽培される「八代トマト」。

塩分の非常に多い土壌で育った “塩” トマトは、全国の市場でも別格の位置づけにあるフルーツトマトです。

大きさは大玉トマトの半分程度の大きさなのにズッシリと重く、ギュギュと果肉が引き締まっています。

よくあるトマトの柔らかい果肉ではなく、シャリッと堅い食感の後に、ジュワッと香りも味も濃厚な味わいが口の中に広がります。

そのすぐ後におとずれる溶けてしまいそうな甘さ、芳醇な旨みは何ともいえませんよ!


★★★千成亭 近江牛すき焼き

日本を代表する和牛として知られるのが「近江牛」ですね。

神戸牛、松坂牛と並んで日本三大和牛と称されます。

千成亭のすき焼きは、黒毛和牛の雌のみで、それも3歳未満の未経産だけが提供されているんです。

程よくサシが入った肉から滲み出る和牛の脂は、独特の旨味がありますよね。

もう、私、たまんないです(笑)!!

グルメカタログギフト『ダンチュウ・dancyu』の電子カタログの閲覧・ご購入の詳細はコチラへどうぞ

第3位〜フルーツがコンセプトのグルメカタログギフト『Fruits Choice』


みずみずしくて香りのよい果物は、自然が与えてくれるプレゼント。

女性の方に贈るんだったら、フルーツがコンセプトになったグルメカタログギフト『Fruits Choice』をお勧めしますよ。

もぎたてのフレッシュフルーツはもちろん、果物を使ったジャムジュース、そしてスイーツまでバラエティ豊かに揃っています。

お値段は3,996円(税込)と6,156円(税込)の2つのコースが用意されています。

さて、どんな “こだわりの果実” が揃っているのかというと・・・・・・

その一部をご紹介しますね。


甘みが凝縮された果汁たっぷりの宮古島のアップルマンゴー。

もちろんこだわりの、樹上完熟したものですよ。

桃は夏の銘菓「水蜜桃」、ぶどうは粒がとれやすく「大粒・種なり・甘い」の三拍子が揃った新品種の「ニューピオーネ」、メロンはコクのある甘みが特徴の「庄内砂丘メロン」が用意されています。

ジャムは自由が丘の名店『パリセヴェイユ』のパティシエ、金子美明さんがつくったブルーベリージャムと赤桃ジャムの組み合わせ。

フランスの美食ブランド『フォション』のストロベリーとマンダリンオレンジの組み合わせ、スウェーデン『トルフォーク』のジャム。

桃やぶどうの産地岡山からは、甘さを抑えたみずみずしい味わい白桃ジャムなど、かなり充実度が高い品揃えになっていますよ!!

フルーツのギフト『Fruits Choice』の電子カタログの閲覧・ご購入の詳細はコチラへどうぞ

第4位〜お菓子のグルメカタログギフト『すいーともぐもぐ』


こちらも女性への贈り物としておすすめ!!

全国各地から集めたこだわりお菓子のグルメカタログギフトが『すいーともぐもぐ』です。

カタログのイメージはとてもファンタジック!

ブレーメンの音楽隊をモチーフにしているので、なんだかワクワク・ドキドキしながら好きなスイーツを選ぶことができます。

お値段は本体価格2,000円の『シンバル』、本体価格3,000円の『トランペット』、本体価格4,000円の『アコーディオン』、本体価格5,000円の『チェロ』の4つのコースが用意されています。

さて、どんな “こだわりスイーツ” が揃っているのかというと・・・・・・

その一部をご紹介しますね。


カタログの中身は「ケーキのコーナー」「焼き菓子のコーナー」「和菓子のコーナー」「冷たいお菓子のコーナー」の4つのカテゴリーで構成されています。

シンバル』は、「果実noしっとりグラフ」「抹茶フィナンシェ」「酒果金陵もなか」など約33アイテム

トランペット』は、「ベイクドチーズケーキ」「古代餅とクルミ塩大福」「マンゴーレアチーズケーキ」など約36アイテム

アコーディオン』は、「苺のドゥーブルフロマージュ」「チーズ入りクリームパイ」「屋久島のよもぎだんご」など約35アイテムを掲載

チェロ』はシンバルとトランペットがセットになっており、それぞれから1品の合計2品選べるコースとなっています。

こんな感じで、お子さんから年配の方まで楽しくお菓子を選ぶことができますよ!!

お菓子のグルメ『すいーともぐもぐ』の電子カタログの閲覧・ご購入の詳細はコチラへどうぞ

第5位〜国産和牛専用のグルメカタログギフト『プレミアム国産和牛』


遂に出た!・・・・・って感じなのが、国産和牛専用のグルメカタログギフト『プレミアム国産和牛』です。

まるごと一冊和牛なので、〈松坂牛〉〈米沢牛〉〈神戸ビーフ〉をはじめとする各地の銘柄牛がこれでもかといった感じで揃ってるんです。

また、「すきやき」「しゃぶしゃぶ」「焼肉」「ステーキ」といった調理別に掲載してあるので、とっても選び易い内容になっていますよ。



お肉グルメのギフト『プレミアム国産和牛』の電子カタログの閲覧・ご購入の詳細はコチラへどうぞ


さあ、皆さんいかがでしたか?・・・・・グルメカタログギフトの「ベスト5」が揃いましたよ!

どうぞ、ご参考にして下さい!!

選べるカタログギフトが揃った【antina gift studio】



    ■LINK■
  • グルメの総合カタログギフト【美味工房】  ・・・全国各地の作り手たちが手塩にかけて育んだ美味をはじめ、老舗の味わいやフレッシュギフトもパッケージ。グルメの総合カタロギフトグです。 秘伝の味と伝統の技を守り続け、さらにより高みを極めようとする職人たち。彼らが日々研鑽を積み、つくりだした品々を選びました。選ぶ楽しみも贈れます。

  • カタログギフト 人気 ・・・最近人気のカタログギフト|人気おすすめランキング。

■コンテンツ■

グルメのカタログギフトとしてお勧め!…『ダンチュウ』の魅力

評判がいいカタログギフトは『Gourmet』

あ、これ食べたい!…人気のグルメカタログギフト

グルメのギフトを選ぶ方なら知ってる「ロマネ・コンティ」

運営者情報